背中ニキビで困ること

背中ニキビができると、案外困ることもありますよね。
できているのは背中だし、あんまり人にも見せないし、
顔にできるよりマシか〜!なんて考えていた頃もありました。
それに、冬にできた場合は厚着しているし、
しっかり治していこう!と思って治療に専念すればいいのですが・・・

 

夏場における困ること

そう、《夏の背中ニキビ》はオシャレの大敵ですね。
夏は、

そもそもファッション的に露出が多い
海水浴・プールでのレジャー

 

こういうタイミングで「背中ニキビができた!」というときは
正直だれでもかなり凹んでしまうと思います。
どうせ見せるなら「きれいな肌」を演出したい・・・と思うわけです。
そんなときに背中ニキビができていると、
自分に自信はなくなる、人の目が気になる・・・
楽しいはずのレジャーも全然楽しめなくなってしまいます!
挙句の果てには、「せっかく誘われたけど、こんな背中だし・・・
こんな汚い背中をみんなに見られてしまうくらいならもう断ってしまえ!」
とまで考えてしまうこともあるかもしれません。
そこでまたストレスがたまって肌にもあまりいい環境とは
いえない状態になってしまいますね。

 

夏以外でも・・・

上記には、夏場だけでのお話になってしまいました。
でもよく考えてみてください。
あなたの生活で他人に背中を見せる(見せたい)シーンはいつですか?

 

結婚式でのウエディングドレス
フォーマルなパーティへの出席
友人との温泉旅行
大切な人と宿泊を伴うイベント

 

考えてみれば夏以外にだって背中を見せるシーンはあるのです。
背中ニキビができると、なにかと自分自身の自由な行動に
気分的な制限がかかってしまうこともあるのです・・・。

 

焦って潰すと大変なことに・・・!

今まで挙げたようなシーンは、ある程度の成人の方であれば
どんな方にでもあてはまることだと思います。
そんなときでも、絶対に焦ってニキビを潰してしまったり、
背中をきつくゴシゴシ洗ったしてはいけません。

 

理由は勿論、
「ニキビ跡が残る」からです。

 

ニキビを適切に処置することで、跡を残すことは避けられます。
一時の感情で、背中ニキビを適当に扱ってしまい
ずーっと跡に残ってしまうことは絶対に避けましょう。

 

背中ニキビで大事なことは、なによりも
《適切な処置をする》ということを忘れずに。